カラオケマップ > カラオケに関する記事・ブログ

 UT

横隔膜を使ったビブラートをマスターしよう

横隔膜を使ったビブラートをマスターしよう

カラオケで歌がうまいなと思う人はどんな人でしょうか。

音程の正確さとか、抑揚とか、リズム感とか、歌が上手と感じる条件は色々ありますよね。
その中でも、私はビブラートに注目しています。
きれいなビブラートが使えると、それだけで上手に聞こえたりします。
そこで、ビブラートをかけられるようにするための練習法について調べてみました。

ビブラートとは
フレーズの最後で声を揺らす技法のこと。これをマスターすると、表現力の幅が広がるといわれています。
さて、ビブラートと一口に言っても、様々なかけ方があるようです。
横隔膜でかける、のどでかける、あごを使ってかけるなど、種類は多く、プロの歌い手でも、そのかけ方は人によって違うのだとか。
これが正解、というものはないらしいので、自分のかけやすい方法を見つけるのが近道のようです。

私の練習している横隔膜でかける方法をご紹介します。
お腹を使うので、歌そのものの練習にもつながるのでは?と思い、私はこれを始めました。
咳払いをするとお腹がへこむと同時に、みぞおちの下あたりが膨らみますよね。
この膨らむ部分が横隔膜で、横隔膜が動くときにはお腹が動きます。
つまり、横隔膜を振るわせることで声を揺らすビブラートは、お腹なくして完成しないというわけです。

まずは、ビブラートの感覚をつくってみましょう。
背筋を伸ばして空気をたっぷり吸い込み、出しやすい音程で「あー」と声を伸ばします。
そのとき、脇腹を押してみてください。自然に声が震えますよね。
これが、ビブラートの素なんです。

だんだん早く脇腹を押してみます。のどの力は抜いて、脇腹を押しても声が途切れないように練習しましょう。

脇腹を押してつくり出すビブラートに慣れてきたら、今度は脇腹を押さずにビブラートをかけます。
先ほどと同じように「あー」と声を出しながら、お腹と横隔膜を震わせてみましょう。

これは私の場合ですが、横隔膜に手を置いて意識することで、やりやすくなりました。
なんとなくできたら、今度は一定のリズムで声が震えるようにしていきましょう。指を目の前で上下させたり、ひざを曲げ伸ばししたりしてリズムを刻むとよいようです。
最初はゆっくりと。早くなったとき、声が途切れないように注意します。「あ」以外の母音でもやってみましょう。

ビブラートの理想の揺れは、1秒間で6回というのが一般的だそうです。
自分なりのビブラートができたら、あとは歌の中で実際に使ってみます。

さて、どんなところでビブラートをかけましょうか。
自分の好きなアーティストや、歌いたい曲をよく聴いて研究します。どこでビブラートを使っているか、使っていないところもあるのかと注意してみましょう。
どんなビブラートが心地よく聴こえるかは、その人の好みもあるでしょう。歌い手によって揺れの大きさも違います。

また、クラシックとポップスでも違いがあることでしょう。
自分が理想とするビブラートのお手本を見つけるとよさそうですね。
いざ歌の中でやってみると、なかなかうまくできないものです。
いかに自然にビブラートをかけて歌うかは、練習して習得するしかありませんね。
ちなみに、カラオケで練習するときには、エコーを切ったほうがよいそうですよ。

最近のカラオケの採点システムは、ビブラートで加点するようにできていますよね。
それを参考にしながら高得点を目指すのもおもしろいかもしれません。

カラオケに関する記事・ブログ

カラオケに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、カラオケについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
九州・沖縄