カラオケマップ > カラオケに関する記事・ブログ

 Staymac

おじさん、おすすめ!カラオケソング♪チェッカーズ

おじさん、おすすめ!カラオケソング♪チェッカーズ

カラオケには対象年齢はありません。
だから、おじさんだってカラオケ行きます。

ストレス解消のための「一人カラオケ」とか、じゃないですよ。
おじさんにだって、お付き合いもあれば忘年会だってあるんです。

だから、歌える歌をいくつか用意しておかないとダメなんですよ。
古い歌ばかり…って、わけにもいかないので若者ぶって新しい歌も覚えなければいけません。

ですが…
年のせいなんですかねぇ…
新しい歌はなかなかマスターできないんです。

カラオケ行って、最初のほうだけ新しい曲に張り切って挑むんですが、最終的には歌いなれた曲ばっかりになっちゃうんですよね…

私が高校~大学~社会人へとなっていく時代…
男性ボーカルといえば【チェッカーズ】と【BOØWY】が全盛期。

今みたいに安い金額でカラオケできる時代ではなかったのですが、やはり仲間とカラオケに行ってました。

今でも、その時代から歌い続けている歌がチェッカーズのヒット曲の中にあります。

「ミセスマーメイド」と「ILoveyou,SAYONARA」

(実は…
私は男性としては声が高い方で…
藤井郁弥のキーの高さが、意外と合うのです…)

「ミセスマーメイド」
1991年9月4日リリース
作詞:藤井郁弥/作曲:鶴久政治
ミセス マーメイド

チェッカーズ晩年の名曲で25枚目のシングル。


夏に出会って、その夏の終わりに別れていく、人妻と若い男性の不倫関係を男性側からの視点で書かれた曲です。
道徳的には「問題あり!」なんですが、メロディーラインがジャズっぽくてムード満点。
切ない仕上がりの曲が、さらに藤井尚之のサックスで切なさ倍増です。
昼のカラオケより、忘年会の二次会など夜遅くにほろ酔い気分で歌うほうが、しっくりきます。

「ILoveyou,SAYONARA」
1987年3月5日リリース
作詞:藤井郁弥/作曲:大土井裕二
ILoveyou,SAYONARA

チェッカーズがアイドルからアーティストへと大きく変貌していく時期に発表された12枚目のシングル。


自分の夢を叶えたいと想う男と彼の才能を信じる女。
2人は最低限の荷物とお金だけ持って、故郷をあとに都会へ…
男の夢はなかなか叶わず、彼女一人に苦労を背負わせます。
それを苦労とも思わず、一途に彼を支える彼女。
自分の才能に限界を感じ、苦労のしすぎでやつれる彼女を見ていた彼は、彼女との別れを決断します。
好きなのに、別れていく男女…
おたがいの思いやりを歌った、少しアップテンポの曲で、こちらも前奏の藤井尚之のサックスが泣かせます。



チェッカーズの曲はセルフプロデュースになってからは切ないラブソングが多く、ハッピーエンドよりも別れ行く切なさや儚さを、心に染みるメロディーラインに藤井郁弥の甘いヴォーカルを乗せて、藤井尚之のサックスで泣かせるのが定番になってます。

現在でもソロアーティストとして活躍している藤井フミヤの原点となっている、チェッカーズ。

一度、CDやYouTubeなどで聴いてみてください。
おじさんの気持ちが少しは理解できるかも知れませんよ。

いい歌は時代や世代を越えて…
ずっと、残っていくものなんです。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードでカラオケ店を検索

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
九州・沖縄

カラオケに関する記事・ブログ

カラオケに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、カラオケについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら