カラオケマップ > カラオケに関する記事・ブログ

 とぅるぶら

ゲーム機を使って自宅で出来る通信カラオケ

ゲーム機を使って自宅で出来る通信カラオケ

私は下手の横好きですが歌うのが好きで、他の人とカラオケに一緒に行くときは自分の年代に合わせた相応の懐メロ?やJ-POPを歌いますが、ヒトカラ(一人でカラオケ)の場合、大抵新旧アニメソングや、ゲーム挿入歌、稀にボカロ曲などを混ぜ大体5~7時間程度カラオケ店で歌ってきます。
人の目を気にせず、自分の好きな歌だけを歌い続けられるので、どちらかというとヒトカラの方が好きですね。

ですが住んでいる場所が田舎のため自分の町には通信対応のカラオケ店がないので、隣の町まで車で行かないといけません。
ちょっとだけ歌いたいときまでカラオケ屋にいくのはコストパフォーマンスが悪いので、そんなときは自宅でゲーム機を使ってカラオケをします。


思えば切っ掛けはWiiのカラオケソフトを購入したことでした。
ゲームディスクに50曲程度収録されており、それ以外の楽曲は数万曲のタイトルが通信カラオケ形式で対応していました。
24時間なら300円、一ヶ月なら1000円のカラオケチケットを購入することでその期間中は歌い放題になるというものです。
JOYSOUNDとの提携で、音質自体は一昔前のMIDIやカラオケといった物でしたが(Rolandの名前がクレジットされていたので実際通信される音楽データはMIDI形式だったと思います)
家庭でも気軽にJOYSOUNDの収録タイトルが歌えるということで大変重宝しました。
Wiiのリモコンで曲を選択するため慣れないと少し面倒でしたが、歌唱中でも曲の選択が出来るなど、複数人数でカラオケする際もしっかり考慮された良いソフトでした。
カラオケ用のお囃子用にWiiリモコンで他の人の歌唱を盛り上げたり(マラカス、笛、拍手、マリオのコイン取得音)、カラオケ以外のミニゲームも収録されていてパーティープレイを基本とした、実にWiiらしい設計思想でしたね。

私のヒトカラ用途はもちろん、家族がお盆に集まったときなどそれなりに活躍してくれました。


その後PlayStation3でもJOYSOUND DiVEというカラオケソフトが配信され、こちらはもっと凄い物でした。
高性能なPS3の機能を生かし、画面効果を通常の通信カラオケ店舗のようなイメージ映像からサイバーエフェクトまで自由に切り替えることが出来、カラオケ歌詞の表示方法も様々な物が用意され、おまけに自作の動画を歌唱時に流せるという機能まで付いていました。

権利の都合で通常カラオケ店のようにタイアップ映像やアニメのシーンを編集したPVなどは最初の内は流れなかったので、姪っ子が歌いやすいよう既存アニメのPVを作成したり、自分のテンションが上がりやすいようPVなどを歌唱時に流れるように設定したりしました。
こちらはWiiよりはどちらかというとヒトカラ練習用に作られた感じで、一応歌唱中でも曲検索は出来るので多人数でも問題なく使えるのですが、アカウントはWiiのMiiを使った管理のされ方ではなく、PS3でのPSNユーザーアカウントが、そのままカラオケ用アカウントになるので個人用に特化しているように感じましたね。

このソフトの良かった点は、マメにバージョンアップがされたことや独自キャンペーンを行ってくれたことだと思います。
特にバージョンアップは顕著で、最初に出来なかったことが次々出来るようになり、一部の曲だけではありますが殆ど店舗で歌うのと遜色ないと感じたぐらいです。
最初は出来なかったタイアップしたPVやアニメのシーン付き楽曲が期間限定で配信されたり、一定期間ごとに変更される形で無料歌唱曲を提供したり、カラオケ課金用プレイステーションネットワークカードのプレゼントキャンペーンを行ったり、特にテレビCMなどをしていたわけでもなかったと思いますが、かなりの大盤振る舞いだったのは間違いないです。
音質もWiiのそれより実際のカラオケ店の物に近く、ガイドボーカル収録曲もあったのでWii以上に自宅カラオケが捗りました。

残念ながら現在ではWiiのカラオケJOYSOUND、PS3のJOYSOUND DiVEともサービスが終了してしまい歌うことは出来ません。
(WiiのカラオケJOYSOUNDにディスク内に収録されているものは、ネット接続及び課金の必要が無いので今でも歌うことが出来ます)

現在稼働中の主なゲーム機用カラオケソフトは、
PlayStation3とPlayStation4で無料でダウンロード出来る「JOYSOUND.TV」、
PlayStation4とXbox Oneで同じく無料ダウンロード出来る「カラオケ@DAM」。
料金はそれぞれ24時間324円、1ヶ月1080円(税込)。

WiiUに最初から収録されている「JOYSOUND WiiカラオケU」が、3時間200円、24時間300円、30日1000円、90日2000円(それぞれ税込)と言う価格設定になっています。
(期間限定で価格は同じで歌える日数を数日追加したお得なチケットや、90日チケットの自動購入契約で5回目以降は1800円に割引されるなどお得なキャンペーンがあります)

携帯ゲーム機用には3DS用にカラオケJOYSOUND(毎日一曲無料)、PS VitaにはJOYSOUND.TV Plusが配信されています。

個人的にカラオケソフトとして最も使い易く、オプションが豊富なのはWiiU版でカラオケ店に最も近い曲検索がタブレット型コントローラーで出来ることと、好きな画像を歌唱内表示出来る機能が付いているおかげで、スライドショーでPVなどを疑似再現することが出来ます。 アカウントもMii毎に保存されるため、多人数でカラオケをするなら一番出来の良いカラオケソフトです。
マイクは専用の物を別途購入する必要がありますが、有線タイプのUSBマイク(Wii Uマイク)なら以降のカラオケソフトでも使用出来るので買っておいて損はありません。

次点がカラオケ@DAMです。
他人の歌唱中でもカラオケ歌詞画面を小さくすることで、歌唱中でも曲検索が出来るからです。コントローラーとの親和性がやや独特で、最初は名前での曲検索時少し戸惑いますが、慣れれば問題ないでしょう。
PS4コントローラーに付いているマイク機能で歌うことが出来るので、マイクの購入は必須ではないのですが、体験してみた限りではマイクがあった方が歌いやすかったです。(WiiUやWii用カラオケマイクならUSB端子に繋いでそのまま使用出来ます)

最後がJOYSOUND.TVです。
初期の頃はUIの作りが酷く、歌唱曲入力後数回キャンセルボタンを押してトップメニューに戻り、それから手動でスタートさせないと、曲が始まらないなどソフトウェアの作りに甘さが残ります。
スマホやタブレットと連携することで、一応他の人が歌唱中でも曲の予約が出来るのですが、ソフト単体でその機能を実装していないので、どうにもカラオケソフトとしては使いづらい印象が残ります。
それら欠点の内いくつかはアップデートにより改善されましたが、他のソフトに比べると一歩遅れている感じは残っています。

現状家庭用ゲーム機(3DS、Vita含む)及び一部テレビやパソコンなどで使用出来るカラオケ@DAMやJOYSOUND.TVのサービスは、カラオケ屋さんの実店舗で歌える曲の全てが歌える訳ではなく、配信していない曲も存在します。
コンシューマーゲームの曲、ボーカロイド(UTAUの重音テト等を含む)や東方シリーズ曲、パソコン版美少女ゲーム他、それらを含む一部の曲が該当します。
私の想像ですがJASRACやそれ以外の楽曲管理会社との使用契約の範囲外に該当するため、配信出来ないのではないでしょうか?

カラオケ@DAMで「紅蓮の弓矢(進撃の巨人)」が歌えないのは想像外でしたが(^^;
ちなみにJOYSOUND.TVでは歌えます。

該当のゲーム機を所持しているカラオケ好きの方は、曲の検索自体は無料で出来るので、お気に入りの楽曲を歌える方のソフトに課金すると良いでしょう。
ちなみに2017年08月31日までの期間限定でPlaystation4にてカラオケ@DAMの1時間無料券が2枚配布されています。
ソフトのダウンロードも無料なので、これを機に是非「自宅カラオケ」を堪能してみて下さい。

カラオケに関する記事・ブログ

カラオケに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、カラオケについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
九州・沖縄