カラオケマップ > カラオケに関する記事・ブログ

 さとみ

カラオケで歌が上手く聞こえるコツ!

カラオケで歌が上手く聞こえるコツ!

歌は好きだけどカラオケで歌うとなると歌が下手かもしれないし、人前で歌うのは緊張するし恥ずかしい。音程が合っているのか不安。何を歌ったらいいのかわからない…。

カラオケが苦手な方はそう思っていることも多いと思います。でも飲み会や結婚式の二次会はカラオケなんてことも少なくないですよね? そんな時に少しでも役に立つようにカラオケで歌がうまく聞こえるコツをいくつか紹介していこうと思います。

母音を響かせる!

もごもごと小さい声で歌ってしまうと、例え上手に歌っていても自信なさげに見えますし何を歌っているかが聞こえません。母音を響かせることで声がはっきりと伝わって、たったこれだけで上手に聞こえてしまうのです。
特に語尾を意識して、強く長めに響かせるように発音すると良いですよ。

低音を歌う時はマイクを近くに。高音はマイクを遠くに。

低音は誰もが小さく言葉が濁りがちです。その為、マイクをしっかり近づけると声を拾いやすいです。
逆に高音は大きな声が出しやすく響きやすいのでマイクを離しましょう。マイクが近いまま高音で大きな声を出すとスピーカーから「キーン」と、不快な音がなることもあるので注意しましょう。

自分の声域に合った曲を歌う

声域に合った曲でなければ歌っていて苦しくなり声が出ない、喉が潰れてしまうなんてこともあります。キーを外してしまうとどうしても下手に聞こえてしまいます。自分に合った声域の曲を探しましょう。

声量の強弱をつける

歌は声量が大きい方がうまく聞こえます。ですが声量を大きく歌うだけではただ「うるさい」印象がつくだけです。

歌詞を読みとり感情をこめて歌えば自然と強弱がつきます。動画投稿サイトに上手な人が自らの歌をアップしているのですがやはり強弱がついています。強弱がつけば感情をこめて歌っているように聞こえ、聞いている人も聞き入りやすいですよ。
よくわからないという方は動画投稿サイトにプロのボイストレーナーがコツを教える動画を載せていたりするので見ると参考になります。


以上のことを実践するだけでぐっと上手く聞こえます。
ですがとにかく「歌を楽しむ!」これが一番大事な事です。カラオケは上手く歌う事を意識してガチガチで歌うより歌っている本人が歌う事を楽しむことが大事です。
本人が楽しんで歌うと自然と音量が出て、周りの人にも楽しさが伝わって場も盛り上がりますよ。

ぜひカラオケを楽しんでくださいね!

カラオケに関する記事・ブログ

カラオケに関する記事や、店舗を実際に利用した体験談、お店の特長など、カラオケについての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
中部・北陸
東海地方
近畿地方
中国地方
九州・沖縄